VOCALOIDが届いた

ずっと期待して待っていたVOCALOIDのKAITO V3が届きました。
どれだけ待ってたんだろう…… というぐらい待ってました。
優待販売価格で買いましたが…… DAWもついてるし、幾つかのInstrumentsもついてるしで、結構安いんじゃないかと。
エディターは、V3エディターを持っているので、そっちメインで使うかな~とか何とか。

で、とりあえずなんか作っておこうということで、VOCALOID V3のjobプラグインの「ぼかりす」というものを使ってみました。
「ぼかりす」っていうのは、歌唱データ(人の歌声のwavファイル)を分析し、VOCALOID用のデータに変換する的な物です。
上手く使うと、VOCALOIDが人間っぽく歌ってくれます。
ですが、それなりにきちんと歌えないと……という事に。
なので、きっちり歌ったものを歌唱データとして使って、久しぶりにニコニコ動画に投下しました。

【KAITO V3】夢で逢えたら(カバー)をうたってもらった【ぼかりす】

……今の時点で300再生超えてもコメントがつかないのは、私的クオリティという事で。うん。

ぼかりすとの格闘

いえ、タイトルに深い意味はありません。
VOCALOIDEditorのV3で、YAMAHAのVY2V3(通称「勇馬」)を購入し、ついでにぼかりすも購入し、どんなことができるのかな?ということと、なんか音楽療法的に使える部分とかあるかな?とか考えておりました。
ただ、やはりぼかりすさんは一筋縄では行かなかったし、勇馬はしっとり目の歌もハキハキ歌ってくれるので、シンガーパラメーターをどういじるかが鍵になるなーと思いました。
ちょっと、金銭的に余裕があったのと、興味があったので歌声ライブラリーの「IA」さんも導入してみました。
IAさんも、すごく素直に歌ってくれるので、これは……うーん……という状況になりました。
ただ、音楽療法として使うとすると、IAさんになるのかな?なんて考えます。

あ、えーと、ちなみに「ぼかりす」は、VOCALOIDEditorのJobPluginの一つで、人の歌を解析し、音程(ピッチ)や、声の大きさ(ダイナミクス)などを取得して、歌詞をテキストで流し込むと歌ってくれる様になるというものです。

テストで作成してみたのがこれです。
「夢で逢えたら」 歌声ライブラリーはIAさんです

[VOON] 夢で逢えたら_デモ

大本は私が源キーで歌ったのを……流し込んだのですが、ここ以外はちょっと上手く行かなかったので、ぶった斬りました(ぉ
でも、使えなくないプラグインだなーと思いましたし、おしゃべりにも応用出来るのがわかったので、色々とやれることで、やってみたいことが膨らんでいきます。
VOCALOIDも、使い方によっては侮れないツールです。

ソルフェジオ音階

先日、ソルフェジオ音階という物の話を聞きました。
Wikipediaで調べると、特定の周波数において、身体に関しての影響を与えるというものだそうで。
Webで色々と取り上げられているのもあります。
YouTubeにも、いろいろな動画が見つかりますが、大体がヒーリング系の音楽になっていたり、トランスっぽくアレンジされていたりというものが多く、基本的に、特定の周波数だけの音というのは見つかり辛いみたいです。
とあるWebページで、スペクトラムアナライザーを利用して、雑音をなくした音で528Hzの音が聞けるようになっていましたが、聞いた後に、自分は頭痛がしました。

なぜだろう?

理由は簡単。電子的に作成した方形波なので、音が固く、耳に直接「ピーン」と音が響くからです。
ピアノの音や、自然界の音は、矩形波や方形波などではなく、ゆっくりとした波を描き響くようになってます。
音が柔らかいと表現したほうが良いでしょうか。
では、どうすればいいかな?と考えると、一番いいのは音叉を使うことかと思います。
ピアノのチューニングで使うような音叉ではなく、実験や、治療に使われる音叉があります。
うまくすれば、Amazonや楽天で、数千円で入手が可能です。
これに、ラバーマレットやラバーアクティベーターと呼ばれる物で叩くと、よりよいかと思います。
膝で叩くのが普通ですが、打ち所によっては膝が痛くなったり、筋や骨に悪い影響を与えてしまう場合があります。(経験者は語る)

既に、鍼治療などでも使われていると言われるソルフェジオ音階の音叉。
おひとついかがですか? なんてね。

532631_304472753003231_1194072175_n

iOS6

さてさて。
Macメインで使っている私ではありますが、iOS6が出ましたね。
iPadに適用してみたら、Siriさんが使えるので、結構便利かもと思ってます。
レスポンスなどに関しては、問題無いです。

iPhone4には、まだ導入していません。
「設定」から「インストールしないの?しないの?」的な数字が表示されているんですが、導入はまだしません。
というのも

メインマシンのMacBookさんが入院中

だからです。
もともと、ディスプレイに問題が有ったんですが、バックライトが寿命なのかなんなのか、点灯しなくなりまして、画面真っ黒状態になってしまったのです。
そのため、予備機としてAirくんがいるわけですが、データに関しては、この子に入れるわけには行かないんです。
その理由は……言えません……
とりあえず、入院中のMacBookさんが退院したら、どうしようか相談してみます。

上手く入ってるようで

オーディオプレーヤーは、なんとか上手くインストールできてたようです。
プラグインの説明にあるように、きちんと書式に則って記載すると、「File Not Found」になってしまうのですが、アドレスをドスンと貼れば大丈夫でした。

あははは。
新しいものを使うときは、色々とハラハラするね。
でも、それがカスタマイズできるものの楽しみでもあるかな?

とおもいます。

オーディオプレイヤーのテスト

WordPressのプラグインで、オーディオプレイヤーのプラグインが有ったので試してみる。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.