カラオケで歌うもの

えーと、基本的に女性曲を歌う事が多くて、なんでかというと、自分が出しやすいキーだったりするわけで。

ただ、地声と言うものを意識するようになってから、倍音が増えて、カラオケの点数はあてにならない状態になってきた。(倍音の響きがビブラートと認識されたり、倍音が発生音として、変なところにマークが付く)

それでも、とりあえず好きな歌を歌うとなってきた時、平沢進さんの歌が歌えるかもしれないと思い、試して見たりはしている。しかし、かなりハードではある事は認める。

安定はしていないけど、今の所、こんな感じで歌えるかな…… 選曲がかなり間違えて凄く疲れる曲であったのは認める!

GPD Pocket2といふもの

なんと言えばいいのだろう……
昔で言えばUMPCって言って、CPUのスペックの低いものだけど、A4サイズだったり、まぁ、そこそこ小さいというのが普通だったものだったのが、中国の深センのGPDって会社が7インチでCPUがCore m3の化物スペックを作ったのが始まりだろうか。
いま、UMPC界隈(特に中国)では、いろんな機種が出ている。出過ぎてる。
供給過多!やめて!いやん!とか思っているんだけど、Core m3ぐらいなら、軽いDTM環境作れるんじゃないかって思って、ちょうどほしい中国のVocaloidの乐正龙牙がほしかったから、それかって導入してみたりするわけですわ。
したら、動く動く。ラグとかも特に無く動くじゃ~ん!イッケメーン!!
ということで、手元で一番小さなDTM環境が揃いつつあります。
今度は、キャンペーンで購入したCubaseEL10を突っ込もうと思います
どこまで、無謀が続くのか!
それは誰にもわからない!
私にもわからない!!

GPD Win2というものが……

色んな意味で、Mac以外にも使っているWindowsマシン。その中でも稼働率が高いのが
GPD Win である。
しかし、GPD Win2というものが出てきてしまっている。
スペックは、従来の倍。そして、ストレージがSSDで交換可能と来たもんだ。
これ、惹かれずには居れないだろうと思いつつも、金額も倍なので、おいそれと手が出るものではないのである。
高嶺の花子さん。でも、そのうち、何らかの手を使って入手するかもしれないと思いつつ、MacBook Airの環境をどうしようかと悩み中。
OSアップデートすると、Adobe CS3が使えなくなる可能性が高くてな。
やべぇ。28万損する……
と考え込んでおる。どうすべきか……
ソッチのほうが大変だ。

GPD win という名のWindows10 UMPC

海外では何を考えてるんだか解らない人たちはいますが、
その内容は面白かったりする。

GPD WIN も、その一つ。

CPUスペックはsurface3と一緒なのに、搭載メモリが倍だとか、
それでも大きさはNEW3DSLLとほぼ同じとか。
加えて英語101キーにコントロールパッド(マウス替わりでも、スイッチの切り替えで
ジョイコンになるとか)があって、ゲーム用だねという感想がふわりと出てくる
そんなマシンです。

いじってて面白いし、流石に笑えるほどキーボードにはまだ慣れないなぁって
いう感じですが、このblog記事を書くくらいなら使えそうかなと、
キーボードと格闘中ですwww

 

楽しいですよ。あやしいマシンは。

iOSとAndroid

最近、PHSの方のスマホが勝手に再起動しまくりやがるので、機種変をしたのですが、AndroidマシンのNexus5xとかいうやつになりました。(お店に在庫が無かった……)
それでも、速度としては早い方だし、Androidのバージョンも6のマシュマロだしーと思って、プレイしている(不具合で難航している)アイドリッシュセブンをダウンロードして起動してみたのですが……

すっげーかくかくして動く!タイミングが取れない!え?今のMISS?
とかそんな状態でして、流石は規格統一されてるiOS版はスムーズだよね……
って思った。

刀剣乱舞〜とうらぶ〜

に、手を出してしまいました。はい。
だって、ホームラン拳さんのイラストとか誰得的な……ゲフンゲフン。

とりあえず、たまには流行に乗ってみるかとタブレットPCで遊んでいたけど、プレイしていて「あぁ、『艦これ』にはまる人の気持が解るな〜」と。
で、やっぱりマウス欲しいよねとか思ったのだけど、一応タブレットPC用のスタイラスペン(要乾電池)を使って、より快適になりました。
買っておいてよかった。うん。 と、自分を納得させておこう。

現時点で、自分のレベルが14。歌仙兼定が特化して、刀は短刀ばかり増えていく状態で、18種。うーん。これはあまり良くないぞ……。
Wiki見ないでプレイしてるとこんな感じなんだろうな……Wiki見て見るか……
となるんだなー。

まぁ、刀剣乱舞に手を出すのが、私らしいというかなんというか。

相も変わらず

歌を唄っている時が一番幸せだなぁとか感じるのに、ヒトカラなのは、ひとり上手とでも言うのでしょうか?
とは言え、唄っていると、色々と問題が出てきます。
歌えるキーの範囲とか、歌っている曲の年代とか、最近の曲は歌えないとか……。

東京パフォーマンスドールは歌えてもAKB48は歌えないとか(ぉぃ
東京の花売り娘は歌えるけど、アラビヤの唄は歌えるけど、最近のボカロ曲はわからないとか歌えないとか、それ以前に舌が回らないとか(ぉぃ

まぁ、そんなそんなではあるけれども、明治・大正・昭和歌謡は歌えたほうが色々と便利ではあると思います。(否定はされるけれども)
なので、みんなのうたの周りでのトラウマ曲をライブで思いっきり歌ってやりたいという野望を持ったりするわけです。
まっくら森の歌とかメトロポリタン美術館とかキャベツUFOとか(キャベツUFOはトラウマ曲では無いだろう)

色々と色々と

もう既に年末も近くなりました。
何をやっているんだろうと、たまに自分が嫌になる事があります。
それでも、歌は続けていきたいなと思います。

しかし、この所、一人で居ると、嫌な気分になることが多いです。
過去に嫌なことが連続して起きていたのがあるのかと思うのですが、
未だに吹っ切れない自分が悔しいです。
年を越してもそうなんだろうなーと思うわけです。
面倒くさい性格ですな。

こいぬ

Twitterで、とあるツイートがありまして、小坂明子さんの「あなた」の替え歌でとにかく「こいぬ」をリスペクトしているのが有ったんですね。
どこまで「こいぬ」を絶賛しているのかと。

で、とりあえず歌ってみたんですね(するなよ)
そしたら、もう壮大に「こいぬ」が絶賛されすぎてて、しかも、自分はそれを真面目に歌ってて、何やってんだろうっていう感じになりました。

とりあえず、アップロードしてみて、怒られたら消します。

Audio clip: Adobe Flash Player (version 9 or above) is required to play this audio clip. Download the latest version here. You also need to have JavaScript enabled in your browser.

ソルフェジオ音階

先日、ソルフェジオ音階という物の話を聞きました。
Wikipediaで調べると、特定の周波数において、身体に関しての影響を与えるというものだそうで。
Webで色々と取り上げられているのもあります。
YouTubeにも、いろいろな動画が見つかりますが、大体がヒーリング系の音楽になっていたり、トランスっぽくアレンジされていたりというものが多く、基本的に、特定の周波数だけの音というのは見つかり辛いみたいです。
とあるWebページで、スペクトラムアナライザーを利用して、雑音をなくした音で528Hzの音が聞けるようになっていましたが、聞いた後に、自分は頭痛がしました。

なぜだろう?

理由は簡単。電子的に作成した方形波なので、音が固く、耳に直接「ピーン」と音が響くからです。
ピアノの音や、自然界の音は、矩形波や方形波などではなく、ゆっくりとした波を描き響くようになってます。
音が柔らかいと表現したほうが良いでしょうか。
では、どうすればいいかな?と考えると、一番いいのは音叉を使うことかと思います。
ピアノのチューニングで使うような音叉ではなく、実験や、治療に使われる音叉があります。
うまくすれば、Amazonや楽天で、数千円で入手が可能です。
これに、ラバーマレットやラバーアクティベーターと呼ばれる物で叩くと、よりよいかと思います。
膝で叩くのが普通ですが、打ち所によっては膝が痛くなったり、筋や骨に悪い影響を与えてしまう場合があります。(経験者は語る)

既に、鍼治療などでも使われていると言われるソルフェジオ音階の音叉。
おひとついかがですか? なんてね。

532631_304472753003231_1194072175_n