ライブにライブにライブ

最近、2回ほどライブに出演者からお誘いがありまして、下北沢と大塚の箱へ行って来ましたのです。
自分の体調とか、箱の雰囲気とか、精神状態とかその辺を考慮しながら行ってきたわけですが、無理ない辺りで箱へ行って、お誘いいただいた方の演奏を聴いて、箱を抜けるわけです。
すると、色々と他の出演者の曲を聴いたり、パフォーマンスを観たりするわけです。
そうしていると、なんか自分の課題ってホントに基本の基本なんだなぁって思わされる、感じさせられるんですよね。
そんな訳で、色々と勉強にはなります。はい。なりました。

そんな事を感じたら、それはカラオケなりレッスンなりで身体に叩きこまんとしなければならないわけですよね。
しないとですよね!
そう、考えながらも、4月12日は迫ってくるわけですが……

「基本はしっかり押さえつつ、自分らしく自分の声で歌を伝える」

というところは、しっかりとしたいなと思ってます。
ライブに出演すると、ここ数回の感想で「シュールである」「エンターテイナーとして、その心意気や良し」というのをいただくのです。
シュール。シュール……シュールレアリズムですよ。超現実主義ですよ。
特に意識してやっているわけではないのですが、多分自分の存在と考えがシュールなんだろうなと考えます。
ふと、ピアノを前にして「何か弾いてください」といわれると、普通では考えつかないだろう和音やメロディーやリズムで即興してしまい、所謂「近現代」的な曲になってしまうのです。
もう、そこに現れているんだなぁって思うし、これを変えることはすごく大変なことなんだよっていうことも解っている。
けど、変えないと思うし、変えられないとおもう。 それが私なんだからという事。

ま、そんな訳で、4月12日の日曜日。
高田馬場の四谷天窓comfortにて、ベリメリMIXライブ出演します。
カヴァー2曲です。
衣装はすべて揃ってます。
格好と歌とのギャップを楽しんでもらえたらと思っています < この時点でアウト

久しぶりに更新とお知らせ?

えー。
随分と放置してるブログですが、Twitterが楽過ぎて(ぉぃ

 

そんなこんなで、久しぶりに更新と言うか、ちょっとだけ告知があるです。

2013年8月18日(日曜日)
VMMS First Step Live Vol.21

に出演決まりました。
うわー、ひっさしぶりだなぁ……

場所は、高田馬場にある「四谷天窓confort」です。
高田馬場駅を早稲田口に出て、早稲田通りを渡ったら、さかえ商店街を抜けて、変電施設のT字路を左に。1階が居酒屋の「BaBa hatchビル」の5階です。
詳細はまだ……うん。
料金は1500えーん+ドリンク代……のはず。
もう一度確認しないとなぁ…… っていうか、やることいっぱいになっちゃったよ。
でも、久しぶりに自分で「出たいです」って言って決めたので。頑張るよー。

VOCALOIDが届いた

ずっと期待して待っていたVOCALOIDのKAITO V3が届きました。
どれだけ待ってたんだろう…… というぐらい待ってました。
優待販売価格で買いましたが…… DAWもついてるし、幾つかのInstrumentsもついてるしで、結構安いんじゃないかと。
エディターは、V3エディターを持っているので、そっちメインで使うかな~とか何とか。

で、とりあえずなんか作っておこうということで、VOCALOID V3のjobプラグインの「ぼかりす」というものを使ってみました。
「ぼかりす」っていうのは、歌唱データ(人の歌声のwavファイル)を分析し、VOCALOID用のデータに変換する的な物です。
上手く使うと、VOCALOIDが人間っぽく歌ってくれます。
ですが、それなりにきちんと歌えないと……という事に。
なので、きっちり歌ったものを歌唱データとして使って、久しぶりにニコニコ動画に投下しました。

【KAITO V3】夢で逢えたら(カバー)をうたってもらった【ぼかりす】

……今の時点で300再生超えてもコメントがつかないのは、私的クオリティという事で。うん。

ぼかりすとの格闘

いえ、タイトルに深い意味はありません。
VOCALOIDEditorのV3で、YAMAHAのVY2V3(通称「勇馬」)を購入し、ついでにぼかりすも購入し、どんなことができるのかな?ということと、なんか音楽療法的に使える部分とかあるかな?とか考えておりました。
ただ、やはりぼかりすさんは一筋縄では行かなかったし、勇馬はしっとり目の歌もハキハキ歌ってくれるので、シンガーパラメーターをどういじるかが鍵になるなーと思いました。
ちょっと、金銭的に余裕があったのと、興味があったので歌声ライブラリーの「IA」さんも導入してみました。
IAさんも、すごく素直に歌ってくれるので、これは……うーん……という状況になりました。
ただ、音楽療法として使うとすると、IAさんになるのかな?なんて考えます。

あ、えーと、ちなみに「ぼかりす」は、VOCALOIDEditorのJobPluginの一つで、人の歌を解析し、音程(ピッチ)や、声の大きさ(ダイナミクス)などを取得して、歌詞をテキストで流し込むと歌ってくれる様になるというものです。

テストで作成してみたのがこれです。
「夢で逢えたら」 歌声ライブラリーはIAさんです

[VOON] 夢で逢えたら_デモ

大本は私が源キーで歌ったのを……流し込んだのですが、ここ以外はちょっと上手く行かなかったので、ぶった斬りました(ぉ
でも、使えなくないプラグインだなーと思いましたし、おしゃべりにも応用出来るのがわかったので、色々とやれることで、やってみたいことが膨らんでいきます。
VOCALOIDも、使い方によっては侮れないツールです。